東京都国立市の都営アパート9階から妻を突き落としたとして、殺人容疑で会社員高張潤容疑者(44)が逮捕された事件で、事件当日の午後8時ごろにベランダから転落する妻麻夏さん(41)と、何者かがベランダにいる様子が付近の防犯カメラに写っていたことが1日、捜査関係者への取材で分かった。

高張容疑者は「何もしていません」と容疑を否認しているが、警視庁捜査1課は同容疑者が麻夏さんを突き落とし、自殺したように偽装したとみて調べている。

逮捕容疑は昨年11月29日夕から30日朝、当時住んでいた国立市泉2丁目の都営アパート9階の部屋で、麻夏さんの首を圧迫した後、ベランダから突き落とし殺害した疑い。

捜査関係者によると、事件は同30日午前6時ごろ、高張容疑者自身が110番して発覚。それまでの約10時間放置していたとみられる。

高張容疑者は事件以前に「妻が育児ノイローゼで困っている」などと数回110番したことがあった。夫婦間で何らかのトラブルがあったとみられ、同課は事件との関連を調べている。(共同)