カナダ最大の日刊紙トロント・スター(東部オンタリオ州)は1日、親会社のトルスター社が新聞社の経営下支えのためにオンラインカジノの運営に年内に乗り出すと伝えた。

新聞経営はカナダでも広告料金の減少などで厳しさを増しているが、メディア企業のギャンブル分野への進出には批判の声もある。トルスター社経営陣の一人は「地域に根差した質の高いジャーナリズム発展に寄与する」と、カジノ運営の正当性を強調している。

州当局の認可が下りれば、年内にカジノとスポーツ賭博のサイト運営を開始するという。

トロント・スター紙は19世紀末に創刊され、約128年の歴史を持つカナダを代表する日刊紙。リベラルな政治的立場で知られる。複数の家族による所有が続いたが近年は経営不振に陥り、昨年、現在のトルスター社経営陣に身売りされた。同社はオンタリオ州でスター紙のほかに複数の日刊紙を経営している。(共同)