自民党の二階俊博幹事長は2日の記者会見で、新型コロナウイルスのワクチン接種状況が衆院解散の時期に影響するかどうかを問われ「解散する場合は、想定される諸課題はできるだけ解決して国民の理解を得られる状況をつくることが大事だ」と述べた。同時に「ワクチンで衆院を解散するとかしないとか考えていない」とも語った。

望ましい解散のタイミングに関しては「菅義偉首相の一存で決めることなので、幹事長がいつがいいと言うわけにはいかないが、明日あってもいいように準備している」と強調した。(共同)