厚生労働省は2日、米製薬大手ファイザー製の新型コロナワクチンを接種した60代女性が死亡したと発表した。女性には基礎疾患はなく、死因はくも膜下出血とみられる。現時点で接種との因果関係は評価できず、今後検討するとしている。

厚労省のワクチン分科会副反応検討部会の森尾友宏部会長は「海外の接種事例でも、くも膜下出血と新型コロナワクチンに関連があるとはされていないようだ」とする見解を発表。偶然の可能性もあるが、さらに情報を収集するとしている。

厚労省によると女性は2月26日に接種を受け、報告があったのは3月2日。基礎疾患のほか、アレルギーはなかったとしている。(共同)