福岡県警門司署は3日、北九州市門司区の公園で小学生の男児(9)にエアガンを発射し当てたとして暴行の疑いで、門司区花月園の職業不詳久富祥雄容疑者(47)を現行犯逮捕した。容疑を否認している。

逮捕容疑は3日午後4時40分ごろ、公園で寝転がっていた男児にエアガンでBB弾を打ち、太ももに当てた疑い。男児にけがはなかった。

署によると、男児の近くにいた児童が自分の母親に連絡し、母親が110番して署員が駆け付けた。同じ公園では以前にも、エアガンを持つ久富容疑者の姿が目撃されていたという。(共同)