串カツ田中ホールディングスは5日、新型コロナウイルス感染拡大で臨時休業している首都圏の直営店約50店舗のうち、約40店舗で8日から営業を再開すると発表した。

経営状況や顧客の要望などを踏まえた。政府や自治体の営業時間の短縮要請には従う。

居酒屋などを展開するワタミも首都圏で約80店が臨時休業中だが、自治体の要請に従いながら順次、営業を再開すると明らかにした。4都県への緊急事態宣言の再延長にかかわらず、臨時休業していた店の再開は今後も広がりそうだ。

ワタミは食材の調達や従業員の手配などを進めており、広報担当者は「宣言の再延長でも政府や自治体に協力する姿勢は変わらない」と話した。(共同)