東京都と東京動物園協会は6日、上野動物園(台東区)で飼育しているジャイアントパンダの雌シンシンと雄リーリーによる交尾を確認したと発表した。2頭はいずれも15歳で、2017年2月以来、約4年ぶりの交尾。同年6月に生まれた雌のシャンシャンに続く子どもの誕生に期待が高まりそうだ。

園の担当者は「希少動物であり、今後無事に妊娠、出産に至ればこの上ない。見守っていただきたい」と話している。

園によると、2月下旬からシンシンに続いていた発情の兆候が6日夕に強く表れていると判断。リーリーに引き合わせると互いが頻繁に鳴き声を交わし、シンシンが尾を上げるなどの受け入れ態勢を示したため、午後5時すぎに同居させると間もなく交尾が確認されたという。

雌は妊娠する可能性が高まるのは数日間に限られ、園は引き続き交尾の可能性を探る。パンダには着床遅延や実際に妊娠していなくても同様の様子を見せる偽妊娠などの現象があり、妊娠の確率や子どもが生まれるまでの期間は予測が難しいとしている。

2頭は昨年夏から新たな施設「パンダのもり」でそれぞれ暮らし、飼育面積が広くなったのも好影響を与えた可能性があるという。一般的にパンダの繁殖では中国のスタッフが来日してアドバイスするが、今回は新型コロナウイルスの影響からオンラインで意見交換を進めた。(共同)