2016年4月の熊本地震で崩落した阿蘇大橋に代わる新阿蘇大橋(熊本県南阿蘇村)が完成し、7日、開通に当たって式典が開かれた。地震から約5年ぶりに橋が架かり、被災した主要道が全て復旧する。

新大橋は全長525メートルで、旧大橋の約600メートル南側に架けた。強い揺れでボルトが破断し、橋桁がずれるよう設計。ずれて揺れの力を逃がし、橋脚の損傷や崩落を防ぐ効果があるという。

旧大橋は16年4月16日の本震で崩落。地元住民の生活や観光業が打撃を受け、インフラ被害の象徴にもなっていた。新大橋の開通で、熊本市方面とのアクセス改善が期待されている。(共同)