福岡県篠栗町で昨年4月、5歳だった男児が餓死した事件で、保護責任者遺棄致死の疑いで逮捕された母親の碇利恵容疑者(39)から知人の赤堀恵美子容疑者(48)が詐取した金に、死亡した三男翔士郎ちゃんの葬儀代が含まれていた疑いがあることが7日、捜査関係者への取材で分かった。県警は、翔士郎ちゃんの死亡後も赤堀容疑者による精神的・経済的支配が続いていたとみて調べている。

捜査関係者によると、翔士郎ちゃんの死後、碇容疑者には葬儀代を含む公的扶助が支給された。赤堀容疑者は死亡の約2カ月後に架空の裁判手続き名目で碇容疑者から現金を詐取したとして、昨年12月に起訴された。生活保護費や児童手当などもだまし取ったとして起訴されており、総額は1000万円を超えるとみられる。

碇容疑者は翔士郎ちゃん死亡後に県警の任意聴取を受けた。捜査員から、共通の知人が「ボス」であることや元夫の浮気など、赤堀容疑者が信じ込ませていた話がうそだったと説明され、初めてだまされていたことに気付いたという。

逮捕容疑は昨年4月18日、篠栗町のマンションの一室で、翔士郎ちゃんに十分な食事を与えず放置し、死亡させた疑い。(共同)