武田良太総務相は8日、NTT側から同省幹部への高額接待に関する調査の中間報告を公表した。谷脇康彦総務審議官が3件で計約10万7000円、巻口英司国際戦略局長が1件で約5万1000円の接待を受け、いずれも国家公務員倫理規程に違反する疑いが強いと認定。谷脇氏は先月、菅義偉首相の長男正剛氏から違法接待を受けたとして懲戒処分となっており、「行政に対する信頼を失墜させた」として8日付で官房付に更迭した。

総務省は中間報告に盛り込んだ4件の他にも違法な接待がなかったか、谷脇、巻口両氏とNTT以外にも対象を広げて調査を続ける方針。結果は人事院に報告し、処分を正式決定する。武田氏は記者会見で「倫理法令に違反する行為がないか再三確認したにもかかわらず、新たな違反が疑われる行為が確認されたことは甚だ遺憾」と述べた。

中間報告によると、谷脇氏は2018年9月と20年7月の計3回、巻口氏は20年6月に澤田純NTT社長や岩本敏男NTTデータ相談役らと会食。谷脇氏の自己負担はうち1回分の5000円、巻口氏は1万円だけで、残りはNTT側が支払った。巻口氏は山田真貴子前内閣広報官(辞職)、谷脇氏は外務省の金杉憲治外務審議官(当時)と各1回同席していた。

NTTの事業計画や取締役選出には総務省の許認可が必要。同省によると、谷脇、巻口両氏はNTTが国家公務員倫理規程で接待を禁じる「利害関係者」に該当すると認識していた。一方、両氏やNTT側への聞き取りを踏まえ「個別事業に関し、利益誘導につながる話はなかった」と説明した。

総務省は中間報告を参院予算委員会理事懇談会に提出。与党は、NTTの澤田社長を「しかるべき時期に招致する」との方針を野党に伝えた。

同省では先月、首相長男が勤める放送事業会社「東北新社」による違法接待が文春報道で発覚。谷脇氏を含む計11人が減給などの処分を受けた。(共同)