全国の私立幼稚園が加盟する「全日本私立幼稚園連合会」(東京)の使途不明金問題で、連合会は9日、弁護士らによる調査の結果、不明金は2017~19年度の3年間で計約3億2000万円に上ると明らかにした。

連合会によると、昨年11月に辞職した香川敬前会長(69)は、使途不明金が発覚しないよう連合会の通帳を偽造したことを認めており、少なくとも私文書偽造罪に該当するとして、刑事告訴を検討している。一方で、口座管理は事務方が行い、私的な流用はないと話しているという。

約3億2000万円の大半は、連合会の口座から現金で引き出されていた。20年度も8000万円超の引き出しが確認されている。

連合会は9日、東京都内で会合を開き、各都道府県の私立幼稚園団体に対し、こうした調査結果を説明した。(共同)