群馬県上野村は2日、1985年の日航ジャンボ機墜落事故の現場となった「御巣鷹の尾根」を例年通り29日に開山する一方、2019年の台風19号で崩落した村道などの復旧工事のため、5月6日から入山を規制すると明らかにした。

台風により、尾根へ続く村道や登山道が大きな被害を受けた。慰霊行事後の昨年8月21日から工事を再開していたが、全面復旧していない。

村や日航によると、規制の期間は未定だが、慰霊登山をする遺族などのため、事故が発生した8月12日の前後は解除する予定だという。(共同)