東大は5日、藤井輝夫総長が新型コロナウイルス感染を調べるPCR検査で陽性と判定されたと発表した。前任の五神真氏に代わり、1日に就任していた。軽症で、東大病院に入院して療養中という。

今月3、4日は体調不良のため自宅で療養。5日に検査を受けた。東大は濃厚接触者の有無などを調べている。(共同)