米誌フォーブスが6日発表した21年版の世界の長者番付で、米インターネット通販大手アマゾン・コムの創業者で最高経営責任者(CEO)のジェフ・ベゾス氏が保有資産1770億ドル(約19兆4700億円)と4年連続で首位だった。資産10億ドル以上の富豪は2755人で前年より660人増え、合計資産額も13兆1000億ドルと8兆ドルから大幅に増えた。コロナ対策の金融緩和に伴う株価上昇で、株式などを多く持つ富裕層の資産が一段と膨らんだ。

2位は米電気自動車(EV)大手テスラのイーロン・マスクCEOの1510億ドルで、31位から急上昇した。テスラの株価が急騰したため。

3位はフランスの高級ブランドグループ、モエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトン(LVMH)のベルナール・アルノー会長と家族で1500億ドル。4位は米IT大手マイクロソフト創業者のビル・ゲイツ氏で1240億ドル、5位は米交流サイト大手フェイスブックのマーク・ザッカーバーグCEOで970億ドルだった。

日本勢の首位は、ソフトバンクグループの孫正義会長兼社長(資産454億ドル)で29位。衣料品店ユニクロを展開するファーストリテイリングの柳井正会長兼社長と家族が441億ドルで31位、計測器メーカーのキーエンスの創業者、滝崎武光氏が258億ドルで62位だった。

資産10億ドル以上の富豪は、国別で米国が724人と最も多かった。2位は中国で、242人増の698人と首位へ迫った。(共同)