政府は8日、安定的な皇位継承策を議論する有識者会議(座長・清家篤前慶応義塾長)の第2回会合を首相官邸で開いた。皇室制度や歴史の専門家5人を呼んで初めての意見聴取を実施。男系男子に限定している皇位継承資格を女系に拡大する是非について反対か慎重な意見が目立つ一方、女性天皇については賛否が割れた。

ジャーナリストの岩井克己氏は、女性皇族「内親王」が結婚後も皇室に残るなどして「潜在的な継承候補者として関わりを持つのはどうか」と提起した。

慶応大の笠原英彦教授(日本政治史)は「皇位継承資格を男系女子まで拡大し、内親王に限り皇位継承資格を認めるべきだと考える。憲法がうたう男女平等にもかない、国民に分かりやすい」と主張。女系への拡大は見送るべきだとした。

ジャーナリストの桜井よしこ氏は、女系天皇に関し「日本の皇室を根本から変えてしまうことにつながる」と反対。女性天皇は「女系容認論につながる可能性があり、極めて慎重であるべきだ」とした。

皇学館大の新田均教授(神道学)は、女系・女性天皇ともに「皇統の断絶となるため不可」と訴えた。

麗沢大の八木秀次教授(憲法学)は、皇位継承資格を女系に拡大することについて「天皇制廃絶への道だ」と反対。女性天皇も認めないとした。

皇位継承策について、世論の間では女性・女系の容認論が広がる。一方で自民党内などの保守派は、旧宮家の男系男子子孫の養子縁組などにより、男系を維持すべきだと主張。隔たりは大きく、意見集約は難航が予想される。

有識者会議は今後もヒアリングを継続。最終的に計20人程度からの聴取を想定している。(共同)