中国当局は10日、中国電子商取引(EC)最大手アリババグループに対し、独占禁止法に違反したとして罰金182億元(約3000億円)を科す決定を出した。

習近平指導部は昨年からインターネット通販への規制を強めており、中国の独禁法違反での罰金額としては過去最大規模とみられる。巨大IT企業の統制を強化する姿勢が一層鮮明となった。

ネット通販サイトの運営で、業者に他のサイトへの出品をさせない「二者択一」を迫る行為を問題視した。

アリババは「処分を真摯(しんし)に受け止め、法に基づいた経営を強化し、社会的責任を果たしていきたい」との声明を出した。(共同)