ミャンマー国軍系テレビは9日夜、最大都市ヤンゴンで国軍関係者の殺害に関与したとして、軍法会議で市民19人に死刑判決が言い渡されたと報じた。クーデター以降、軍政によって死刑判決が出されたのは初めてとみられる。軍政はデモ参加者への銃撃を重ねているが、抗議デモを抑え切れておらず、軍法会議も利用し弾圧をさらに強化する狙いがある。

19人は国軍記念日の3月27日に国軍関係者を殺害したとされるが、事件の詳しい状況は不明。このうち17人については、本人不在のまま判決が下った。現場とされる場所は、国軍が3月に戒厳令を出した地区。戒厳令下では軍法会議が設けられ、最高刑は死刑。上訴は認められない。死刑については国軍トップのミン・アウン・フライン総司令官が最終判断するとしている。

3月27日にはミャンマー全土で100人以上の市民が殺害され、1日の死者数としてはクーデター後、最悪だった。人権団体「政治犯支援協会」によると、国軍の弾圧による犠牲者は4月9日時点で618人に上った。(共同)