バイデン米大統領は13日、ロシアのプーチン大統領と電話会談し、ロシアがウクライナ国境付近で軍の部隊を増強していることへの懸念を伝えた。

ロシアによるサイバー攻撃や選挙への介入についても「国益を守るため断固として行動する」と述べた。米ホワイトハウスが発表した。

バイデン氏は近く第三国でプーチン氏との対面での首脳会談を行うことを提案した。

両首脳は会談で、米ロ間で新戦略兵器削減条約(新START)を延長したことを土台として、戦略的安定に向けて幅広い軍縮問題などを巡って対話を行うことについても議論した。(共同)