長崎ちゃんぽん店を展開するリンガーハットが14日発表した2021年2月期連結決算は、純損益が87億円の赤字(前期は2億円の赤字)となった。

赤字幅は1962年の創業以来最大。新型コロナウイルスの影響で不採算店など128店舗を閉めたほか、収益性の下がった店舗の資産価値を引き下げたことなどで特別損失26億円を計上したことが響いた。

売上高は前期比28・0%減の340億円だった。店舗の休業や営業時間短縮が響き、来店客が大幅に減った。昨春から徐々に回復してきたが、昨秋以降の感染再拡大でまた落ち込んだ。

22年2月期の業績予想は売上高が8・7%増の370億円、純損益は8億円の黒字を見込む。

居酒屋などを展開するDDホールディングスも、21年2月期の連結純損益が85億円の赤字(前期は14億円の黒字)となり、3億円の債務超過に転落した。(共同)