自民党の二階俊博幹事長は15日、TBSのCS番組収録で、新型コロナウイルス感染がさらに拡大した場合の東京オリンピック(五輪)・パラリンピック開催について「とても無理と言うならやめないといけない」と述べ、開催中止も選択肢との考えを示した。

「五輪で感染をまん延させたとなれば、何のための五輪か分からない。その時の判断だ」とも語った。

一方で、五輪開催は「日本にとって大きなチャンス」と強調。成功に向けて必要な課題を「1つ1つ解決することが大事だ」と述べた。(共同)