南極・昭和基地近くで昨年9月、50年以上前に日本の南極観測隊が置いていったとみられるコカ・コーラの缶やロッテのクールミントガムが見つかった。持ち帰った観測隊員からメーカーへの贈呈式が15日、国立極地研究所(東京都立川市)であった。

極地研によると、越冬中の第61次観測隊員4人が昭和基地から約5キロ離れた「向岩(むかいいわ)」と呼ばれる地点を訪れたところ、段ボール箱の残骸や缶詰など10~20個の古い食料を発見。缶詰の一つには1965年製造との表記があった。65年に日本を出発した第7次隊以降が持ち込んだようだ。

コーラの缶は未開封でさびだらけ。片仮名で「コカ・コーラ」と書かれている。日本で初めて缶入りが発売された65年当時のデザインという。ガムの包装紙にはペンギンの絵が鮮明に残っていた。

缶を受け取った日本コカ・コーラの佐々木章乃さんは「会社にもない貴重なもの。本社がある米アトランタの博物館に飾ることも検討したい」と笑顔。ロッテの毛利彰太さんは「ロマンを感じる。商品がどういう状態なのか分析したい」と話した。

第61次隊の青山雄一越冬隊長は「基地に戻れなかったときの非常用食料と思われる。発見した隊員も興奮していた」と説明した。(共同)