JR旅客6社は16日、ゴールデンウイーク期間(28日~5月5日)の新幹線、在来線の指定席予約状況を発表した。15日現在の予約数は71万席で、新型コロナウイルスの緊急事態宣言期間中だった2020年と比べ140%増となった。19年比では81%減だった。

1日当たりの平均は8万8000席で、記録がある1995年以降、20年に次ぎ2番目に少ない。

予約状況について、JR東日本の担当者は「コロナ禍が響き、想定より伸びていない」としている。

JR各社によると、混雑のピークは、下りが5月1日、上りが同5日。予約可能席数は20年比3%減(19年比7%減)の718万席を用意した。(共同)