東京五輪・パラリンピックの競技会場が多く立地する東京都江東区の市民団体と住民有志が16日、小池百合子知事に対し、国や国際オリンピック委員会(IOC)に大会中止の意見を提出するよう求める緊急要望書を出した。

要望書は、新型コロナウイルスの感染者数が増加しており、ワクチン接種が進んでいない状況では大会開催が安全安心にできる保証はないと指摘。「アスリートの夢や願いに心を寄せれば痛恨の思いだが、大会は危険がいっぱいのギャンブルであってはならない」とした。

江東区には五輪の体操競技が実施される有明アリーナなど10会場がある。(共同)