河野太郎行政改革担当相は18日のフジテレビ番組で、看護師資格を持ち離職中の「潜在看護師」を新型コロナウイルスワクチンの接種現場で活用する方針を明らかにした。「働いていない看護師を一生懸命、掘り起こしている。接種会場への派遣を認めていく」と述べた。

具体的な業務は、注射のほか医師らのサポートなどを想定。現場の人手不足に応じ、薬剤師の派遣も検討すると説明した。「ワクチン供給が安定した後は、接種体制の強化を国として支援したい」と語った。(共同)