兵庫県の井戸敏三知事は19日、新型コロナウイルス対策本部会議を21日に開き、政府に緊急事態宣言を要請するかどうか判断する、と表明した。大阪府の要請方針に触れ「できるだけ寄り添っていきたい」「大阪と同一歩調を取った方が良い」と話した。この日の県内の感染者は263人で「医療体制が危機にひんし、相変わらず厳しい状況だ」と述べた。一方、京都府の西脇隆俊知事は現時点での宣言要請に否定的な考えを示した。