大阪市内のトンネルで昨年5月、大型バイク2台が時速約270キロと約230キロで走行中に接触し、両運転手がけがを負う事故があり、住之江署は20日、暴走によって互いにけがをさせたとして、自動車運転処罰法違反(危険運転致傷)の疑いで、大阪府東大阪市の20代男性2人を書類送検した。捜査関係者への取材で分かった。現場の制限速度は50キロだった。

書類送検容疑は昨年5月23日夜、大阪市の住之江区と港区にまたがる「大阪港咲洲(さきしま)トンネル」で、会社員の男性(22)が約270キロ、配管工の男性(21)が約230キロでそれぞれ大型バイクを暴走。接触事故を起こして転倒し、互いに重傷を負わせた疑い。

2人は知人で、他の仲間5人と計7人でツーリングをしていた。署によると、会社員は「猛スピードで快感を得たかった」という趣旨の説明をし、配管工は「トイレに行きたかった」と供述している。(共同)