給与を担保に現金を貸し付け、手数料を取る「給与ファクタリング」と呼ばれる手口でヤミ金融を営んだとして、千葉、沖縄両県警は20日、貸金業法違反(無登録営業)と出資法違反(超高金利)の疑いで、健康食品会社「健麗堂」の元実質的経営者の木下義教容疑者(38)=埼玉県入間市=ら男女5人を逮捕し、法人としての同社を書類送検した。

千葉県警は、全国で計約1200人、約7500万円を貸し付け、約3千万円の利益を得たとみて調べている。

他に逮捕されたのは、東京都練馬区の会社役員浅野隆容疑者(38)、埼玉県富士見市のアルバイト大坂柚子容疑者(22)、東京都杉並区の会社員永井寿也容疑者(48)、那覇市の無職名嘉祥芙容疑者(38)。

逮捕容疑は、共謀して無登録の貸金業を営み、昨年4~7月、30~50代の男女6人に計66万円を貸し付け、法定金利を超える利息計約24万円を受け取った疑い。(共同)