勤務先の小学校やスポーツ施設で児童の裸を盗撮したなどとして、警視庁調布署は21日までに、児童買春・ポルノ禁止法違反(製造)と建造物侵入の疑いで、東京都三鷹市立小学校の教諭木村康一郎容疑者(31)を逮捕した。調布署によると、「子どもの裸に興味があった。100回以上やった」と容疑を認めている。スマートフォンには児童のわいせつ動画などが2000件以上保存され、署は約10年前から盗撮していたとみて調べている。

逮捕容疑は2018年10月~今年3月ごろ、三鷹、調布両市の小学校と調布市のスポーツ施設で、着替え中の女児やトイレ利用中の男児をスマホで動画撮影するなどした疑い。今月上旬に調布市の別のスポーツ施設から不審者がいると通報があり、警察官が木村容疑者に職務質問し発覚した。

三鷹市教育委員会によると、木村容疑者は19年4月から同市立小学校で勤務。貝ノ瀬滋教育長は「児童や保護者を深く傷つけ、心よりおわび申し上げる」とコメントを出した。(共同)