神奈川県警は21日、空き巣に入り現金などを盗んだとして、住居侵入と窃盗の疑いで、神奈川県小田原市、トラック運転手丸子哲也容疑者(43)を追送検した。県警によると、県内でこれまでに容疑者による計188件の窃盗被害を確認。多くの現場周辺に残されたたばこの吸い殻から、捜査員から「セブンスターの男」と呼ばれていた。

追送検容疑は昨年10月14日、同県秦野市の女性(65)宅に侵入し、現金5300円とブローチやネックレス計3点(時価計15万2千円相当)を盗んだ疑い。

県警によると、丸子容疑者は容疑を認め、「ギャンブルで金を使い過ぎてしまい、生活費がほしかった」と供述。吸い殻については「(盗みに入るのは)緊張するので、たばこを吸って心を落ち着かせようとした」と話している。

県警は今年2月、小田原市内の住宅に空き巣に入ったとして、窃盗容疑などで逮捕していた。(共同)