青森地検八戸支部は21日、青森県十和田市の公衆浴場で3月、50代の女性従業員を刃物で切り付けたとして、傷害容疑で逮捕された同市の男性(54)を不起訴処分とし、心神喪失者等医療観察法に基づく審判を青森地裁八戸支部に申し立てた。

男性は3月31日、女性従業員の腕や胸を切り付け、けがを負わせた疑いで逮捕された。(共同)