秋篠宮家の長女眞子さま(29)との婚約が内定している小室圭さん(29)が金銭トラブルの相手に解決金を渡す意向を示したことについて、宮内庁の西村泰彦長官は22日の定例会見で「(小室さん側からの連絡が)事前にありませんでした。事後も話を聞いていない」と述べた。小室さんの意向への受け止めについては「コメントすることは控える」と話すにとどめた。

小室さんは8日、A4用紙で計28枚もの文書を公表し、母親が元婚約者から受けた約400万円の金銭的支援について説明。「切実に名誉の問題」、借金と捉えられかねないため解決金を提案していない、話し合いは頓挫しているなどとした。西村長官は同日の会見で文書について「非常に丁寧に説明されていた」と話していた。

しかし、わずか4日後の12日、代理人の弁護士が、小室さん側が解決金を渡す意向があることを明らかにした。文書で経緯などを説明できたためとし、意向は眞子さまにも伝えられているという。