新型コロナウイルスの緊急事態宣言が東京や大阪など4都府県で発令される中、ゴールデンウイーク(GW)が29日、始まった。羽田空港や東京駅では土産物店の前に行列ができるなど、1回目の宣言中だった昨年のGWに比べ人出は増えたが、例年の大型連休ほどの混雑は生じなかった。

羽田の国内線ロビーは午前8時台になると、スーツケースを持った家族連れなどが増え始め、保安検査場前には行列ができた。旅行のガイドブックを持って出発を待つカップルの姿も見られた。

沖縄へ向かう便に乗る山梨県の60代女性は、米ハワイで昨年に予定していた息子の結婚式がコロナ禍で中止になり、連休中に沖縄での挙式を予約した。「キャンセルも迷った。身内だけにして、ホテルからできるだけ出ないように過ごしたい」

東京駅でも土産物を求める客の列ができた。栃木県の実家に帰省する東京都品川区の女性会社員(25)は、事前にPCR検査を受け陰性だった。「普段はテレワークで感染対策もしている。おばあちゃんがいるので、家では可能な限りマスクをする」と話した。

例年は新幹線自由席乗車率が100%を超えることも多い。JR各社によると、29日の東京駅の下りは、東海道新幹線のぞみ1号が60%、上越新幹線とき305号などが30%だった。16日に発表した28日~5月5日の新幹線、在来線の指定席予約席数は昨年の2・4倍だったが、コロナ禍前の2019年との比較では19%にとどまった。

日本道路交通情報センターによると、全国の高速道路では事故による小規模な渋滞を除き、目立った混雑はなかった。

航空各社の29日~5月5日の予約状況(4月23日発表)は、国内線が前年同期比4・7倍の111万1千人、国際線は2・1倍の2万1千人。コロナ禍前の19年4月29日~5月6日と比べると、国内線は40%、国際線は4%と低調だった。(共同)