米連邦検察当局は28日、トランプ前大統領の弁護士を務めたジュリアーニ元ニューヨーク市長のマンハッタンにある自宅と事務所を家宅捜索し、コンピューターや携帯電話を押収した。米メディアが伝えた。

検察当局が弁護士の家宅捜索に踏み切るのは異例。昨年の大統領選では、当時現職のトランプ氏と民主党大統領候補だったバイデン氏が戦ったが、ジュリアーニ氏はトランプ氏に有利になるように、ウクライナ企業の役員だったバイデン氏の息子に関する不正情報の収集に当たった。

その際、ジュリアーニ氏がウクライナ政府高官に対する高額な代理人契約交渉を進め、個人的利益を追求した疑惑が持たれている。

ニューヨーク・タイムズ紙は、ジュリアーニ氏がウクライナ当局者のためにトランプ政権に「違法な働き掛け」をしたかどうかが捜査の焦点だと伝えた。

2001年の米中枢同時テロ当時にニューヨーク市長を務めたジュリアーニ氏は、テロ対策での指導力が高く評価され、一時は国民的人気を博し大統領候補に取りざたされた。(共同)