ミャンマーの最大都市ヤンゴンで治安当局に逮捕され収監中のフリージャーナリスト北角裕樹さん(45)が3日、「虚偽のニュース」を広めた罪と入国管理法違反罪で起訴された。在ミャンマー日本大使館が明らかにした。

これにより裁判が正式に開かれることになった。期日は未定。国軍は2月のクーデター後、刑法を改正。虚偽のニュースを流布したとして有罪になると、最高禁錮3年が科される。入国管理法違反は同5年。

大使館によると、北角さんの健康状態に問題はないという。大使館は「早期解放に向け働き掛けを続けていく」としている。

茂木敏充外相は先進7カ国(G7)外相会合が開かれているロンドンで3日夜(日本時間4日朝)、「日本人拘束者の早期解放に向けて全力を挙げて取り組んでいきたい」とオンラインでの記者会見で語った。

北角さんは元日本経済新聞記者で、ミャンマーに移住してフリーで活動し、クーデターへの抗議デモを取材。日本のメディアに寄稿したり、会員制交流サイト(SNS)で情報を発信したりして、国軍を批判的に報じていた。

4月18日に自宅で逮捕され、ヤンゴン市内の刑務所に移送された。2月26日にはデモの取材中に治安当局に拘束されたが、その日のうちに解放されていた。(共同)