米通信大手ベライゾン・コミュニケーションズは3日、米インターネットサービスのヤフーやAOLを含むメディア事業を米投資会社に50億ドル(約5500億円)で売却すると発表した。

買収するのはアポロ・グローバル・マネジメント。ベライゾンは株式の10%を保有し続ける。2021年後半に売却が完了する予定だ。

ベライゾンは15年にAOLを、17年に米ヤフーの中核事業を買収した。メディア事業は近年、米グーグルやフェイスブックなど巨大ITとの競争激化で事業環境が厳しくなっていた。ベライゾンは今後は第5世代(5G)移動通信システムへの投資に注力する。

日本のヤフーはベライゾンと資本関係がないため、特に影響は受けない見込みだ。(共同)