国軍による市民弾圧が続くミャンマーで治安当局に逮捕された同国在住フリージャーナリスト北角裕樹さん(45)が3日、「虚偽のニュース」を広めた罪と入国管理法違反罪で起訴された。在ミャンマー日本大使館が明らかにした。裁判の期日などは未定。国軍はクーデター後、刑法を改正。虚偽ニュース流布で有罪の場合、最高禁錮3年が科される。入国管理法違反は同5年。大使館によると、北角さんの健康状態に問題はないという。大使館は「早期解放に向け働き掛けを続けていく」とする。北角さんは抗議デモを取材し、日本メディアに寄稿したりSNSで情報を発信。4月18日に自宅で逮捕され、ヤンゴン市内の刑務所に移送された。(共同)