菅義偉首相は4日、政府の基本的対処方針分科会会長代理を務める岡部信彦内閣官房参与と公邸で面会し、4都府県に発令中の新型コロナウイルス緊急事態宣言を11日の期限で解除するか延長するかの判断が難しいとの認識を示した。

面会後、岡部氏が記者団に明らかにし「判断が苦しく、いろいろ意見を聞いているところだと思う。非常に悩まれていると思う」と説明した。

岡部氏は面会で、宣言に準じた「まん延防止等重点措置」の追加適用を要請する動きが全国で相次いでいることについて「なるべく早く対策を取った方がいい」と助言。首相は「そうですね」と答えた。

首相は岡部氏とワクチンを巡っても意見交換。必要な数量確保について「確実にできる」と語った。(共同)