米中西部ミネソタ州ミネアポリスの黒人男性ジョージ・フロイドさん(当時46)暴行死事件で、有罪評決を受けた白人の元警官デレク・ショービン被告(45)の弁護側は4日、裁判官による裁量権逸脱で「公正な裁判を受ける権利が侵害された」などとして、裁判のやり直しを申し立てた。

弁護側は昨年、裁判手続きを別の裁判所に移すよう求めたが、州地裁は認めなかったほか、証人尋問の期間に陪審員を隔離しなかったことなどで裁量権を逸脱したと主張。評決の見直しと裁判のやり直しを要求した。

地裁の陪審は4月20日、第2級殺人などの罪で被告に有罪の評決を出した。法定刑の上限は禁錮40年で、量刑は6月に言い渡される予定。(共同)