和歌山地検は9日、「紀州のドン・ファン」と呼ばれた和歌山県田辺市の資産家野崎幸助さん=当時(77)=殺害事件で起訴した元妻須藤早貴被告(25)を、15~16年に札幌市の60代男性から現金計約2981万円をだまし取ったとする詐欺罪で追起訴した。関係者への取材で分かった。追起訴分の起訴状によると、15年3月に札幌市内で男性=当時(61)=に「(第三者に)弁償しなければならない」とうそを言い300万円を詐取。同年6~7月には同じ男性に「海外留学の準備金の支払いを助けてほしい」とうそを言って1507万円、16年1月にも第三者への弁償金名目で約1174万円をそれぞれだまし取ったとしている。(共同)