自民党の武井俊輔衆院議員(宮崎1区選出)の60代男性秘書が運転する乗用車が、東京都港区の道路で50代男性の自転車とぶつかる事故を起こしたことが9日、捜査関係者への取材で分かった。武井氏も同乗していた。

車は一時立ち去っており、警視庁は当て逃げとみて道交法違反容疑などで捜査している。

捜査関係者によると、事故は8日午後6時すぎに発生。車が港区六本木の交差点を左折する際、自転車と衝突した。車はその場から立ち去ったが、自転車の男性が追い掛けて止めた。車検が切れており、無保険だったとみられる。男性にけがは確認されていない。

武井氏を巡っては、2019年9月に千代田区で当時私設秘書の男性が、酒気帯び状態で車を運転して追突事故を起こしたなどとして、道交法違反などの疑いで警視庁に書類送検された。(共同)