日本体育大(東京都世田谷区)は9日、新型コロナウイルスワクチンの学内接種を21日から開始すると発表した。日本大(千代田区)と東邦大(大田区)も実施する予定と明らかにした。

日体大によると、学生と教職員計約7500人を対象に、世田谷区と横浜市のキャンパス2カ所で実施。医師免許を持つスポーツ医学の教員や、学内の健康管理センターに勤務する看護師らが打ち手となる。

東邦大は付属病院の職員や医学部生の接種が先行しており、学内接種は千葉県船橋市のキャンパスに通う薬学部生ら約5000人が対象で、今月下旬の開始を目指している。担当者は「学外での実習がある学生が安心できるよう迅速に接種していきたい」と話した。

約8万人の学生を抱える日本大は付属病院の医師や看護師らが接種を担い、開始時期は調整中としている。(共同)