バット2本を万引したとして、愛知県警知多署は9日、窃盗の疑いで、同県岡崎市の会社員伊藤幸一容疑者(34)を逮捕した。

署によると、ぶかぶかの作業着姿で店を訪れ、ズボンの中にバットを縦に2本差し込んで持ち出したとみられる。関係先から83本のバットが押収されており、「売るつもりでやった」と供述しているという。

逮捕容疑は5月18日正午すぎ、名古屋市守山区のスポーツ用品店からバット2本(販売価格計7万9200円)を盗んだ疑い。

フリーマーケットサイト「メルカリ」で同じ人物が何度もバットを出品していると署員が気付き、捜査を開始。被害に遭ったスポーツ用品店の防犯カメラ映像などから伊藤容疑者が浮上した。(共同)