2019年6月以来となる党首討論が9日に国会で開催され、菅義偉首相と野党4党首の間で激論が交わされた。野党4党は全体で持ち時間45分。

▽衆院選任期満了で-片山氏

▽コロナ対策最優先-首相

【衆院解散】

片山虎之助日本維新の会共同代表 新型コロナウイルス感染が予断を許さない情勢だ。国民のために、争いがない方がいいとの意見もある。解散をしない任期満了の選挙にしてはいかがか。

菅義偉首相 衆院解散についてはいろいろな人に聞かれるが、コロナ対策の最優先が国民の一番期待していることだ。しっかり取り組んでいくことを優先していきたい。

【東京五輪】

片山氏 東京五輪・パラリンピックの開催都市は東京都だが、首相が矢面に立って攻撃されている。小池百合子都知事がもっと出なければいけない。連携はうまくいっているのか。

首相 私が言いたいことを言っていただいてうれしい。国会の議論では「責任は全部首相だろう」となっている。逃げる気持ちはないが、国会でそういう議論になっていることは大変残念だ。

【21年度補正予算】

片山氏 2021年度予算の予備費を補正予算の代わりにするのは、財政民主主義の観点から言っても反対だ。今の支援策を精査する必要もある。ゆっくり対応すればいいが、21年度補正予算の必要性は感じている。

首相 状況を見て判断する。(共同)