バイデン米大統領が、中国系動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」の利用禁止を求めたトランプ前大統領が出した大統領令を撤回することが9日明らかになった。ロイター通信などが報じた。同時に中国アプリによる情報流出など懸念事項について調べるよう商務省に指示した。

ティックトックの利用禁止を巡っては、トランプ前政権が利用者情報の流出を警戒して強硬策を講じようとしたが、連邦地裁が一時差し止めの判断を下し、利用禁止措置の発動を見送っていた。

バイデン政権は中国企業に厳しく臨む姿勢を維持しているが、司法判断に従った形だ。調査で問題点を確認すれば、新たな対策を講じるとみられる。(共同)