与野党は10日の衆院議院運営委員会理事会で、国会議員に対する新型コロナウイルスワクチンの職場接種を早ければ7月に始める方針で大筋合意した。国会内に会場を設け、秘書や政党職員も対象とする。参院も同様の対応を検討する。

野党を中心に国会議員への先行接種には慎重論が多かったが、民間企業や大学で始まる接種の状況を見ながら実施することで容認に転じた。(共同)