防衛省は10日、自衛隊が東京と大阪で運営する高齢者向けの新型コロナウイルスワクチン大規模接種センターの対象地域を首都圏と関西の計7都府県から全国に拡大したと発表した。12日午前7時からは新たに電話予約も受け付ける。防衛省ホームページと通信アプリのLINE(ライン)による予約も続ける。

自衛隊のセンターは5月24日に接種を開始。当初は予約が殺到したが、今月7日から受け付けた14~27日接種分は大量に予約枠が残る。1日当たり最大で東京会場1万人、大阪会場5千人に接種する能力があり、防衛省は無駄を出さないよう対応を検討している。

防衛省の大規模接種対策本部長を務める中山泰秀防衛副大臣は記者会見し、64歳以下で基礎疾患のある人や高齢者施設の勤務者に市区町村から接種券が配布されるのに合わせ「さらなる対応を進めていきたい」と述べた。

全国に対象地域が広がると、東京、大阪への人の流れを増やす可能性があることに関し、中山氏は「ワクチン接種のための移動は不要不急の外出には当たらない。集団免疫を可能な限り速やかに獲得することが望まれる」と強調した。

電話予約の番号は東京会場(0570)056730、大阪会場(0570)080770。(共同)