和歌山県警は11日、和歌山市加納の集合住宅で9日に心肺停止状態で見つかり死亡した女性は住人の鶴崎心桜さん(16)で、死因は全身打撲による外傷性ショックだと明らかにした。

9日に関西空港連絡橋近くの海で見つかり、死亡が確認されたのは同市の女性(37)と娘(4)だったことも判明。県警は鶴崎さんが事件に巻き込まれた可能性があり、死亡した母子と関係があるとみて詳しい経緯を調べている。

同市消防などによると、9日午後2時20分ごろ、集合住宅から母親を名乗る女性から119番があり、鶴崎さんが倒れているのを救急隊員が発見。搬送先の病院で死亡が確認された。

さらに、9日午後4時ごろ、大阪府の関空連絡橋から「人が落ちたようだ」と府警に通報があり、女性と娘が近くの海で見つかった。(共同)