自民党岸田派の林芳正元文部科学相(60)は15日、山口県宇部市内のホテルで開いた後援会会合で、参院山口選挙区から次期衆院選山口3区へのくら替え出馬を表明した。「3区から立候補すると決意を掲げさせていただいた」と述べた。続く記者会見で意図や経緯を説明する。3区には自民現職で二階派の河村建夫元官房長官(78)が立候補する意向を示しており、激しい公認争いが見込まれる。

二階俊博幹事長は公認に関して「現職優先」を原則とする考えを示している。林氏がくら替え出馬を強行すれば処分する可能性に言及しており、公認争いによる岸田、二階両派の対立も深まりそうだ。

後援会会合には多数の自民党県議や公明党県議が参加し、林氏にそれぞれ3区からの立候補を要請した。

林氏は故義郎元蔵相の長男。1995年参院選で初当選し、当選5回。党内きっての政策通として知られ、防衛相や農相を歴任した。これまでも衆院へのくら替えがたびたび取り沙汰されていた。現在は参院憲法審査会長を務めている。

3区には河村氏の他、立憲民主党の元東京都目黒区議、坂本史子氏(66)も立候補を予定している。(共同)