18日午前3時、日本の南にある熱帯低気圧が台風6号になった。発達しながら北寄りに進み、21日ごろにかけて沖縄に接近する恐れがある。沖縄では19~20日に非常に強い風が吹き、大しけとなる見込み。気象庁は高波や暴風に警戒を呼び掛け、進路によっては警報級の大雨となる可能性があるとしている。

気象庁によると、台風6号は18日正午現在、時速約15キロで北北西に進んでいる。中心気圧は998ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は18メートル、最大瞬間風速は25メートル。中心の南側650キロ以内と北側280キロ以内では風速15メートル以上の強風域となっている。

沖縄で予想される19日の最大風速(最大瞬間風速)は20メートル(30メートル)で、20日は30~40メートル(40~60メートル)。波の高さは19日に6メートル、20日に6~8メートルが見込まれる。

今後、強い台風となって東シナ海へ進む見通し。(共同)