16年ぶりに地上に下りた名古屋城の「金のしゃちほこ(金しゃち)」が22日、ヘリコプターでつり下げられ、再び天守閣に戻った。新型コロナウイルス感染拡大で落ち込んだ地域経済を活性化させようと、3月に地上に下ろされ、名古屋市内などで一般公開されていた。

午前8時すぎ、鉄枠に入った金しゃちをヘリが雌雄一体ずつワイヤでつり、計15分ほどかけてゆっくりと天守に戻した。8月中旬には足場や囲いが撤去され、元の姿になる。

作業を見守った名古屋市の河村たかし市長は「金しゃちには高いところから新型コロナウイルスで苦しむ名古屋の皆さんを励ましてほしい」と語った。

金しゃちは雌雄それぞれ高さ約2・6メートル、重さ約1・2トン、合わせて約88キロの18金を使っている。市などは地上での展示の際の破損や盗難に備え、5億円の保険をかけた。(共同)